サイトタイトル

治療例
case

叢生(凸凹、八重歯、乱杭歯)

 

上顎前突(出っ歯)

 

下顎前突(受け口)

 

不正咬合治療について

不正咬合には、上記の代表的なものの他にも、空隙歯列(すきっ歯) 、開咬(前歯が咬んでいない、過蓋咬合(咬みあわせが深い) 、上下顎前突(上下の歯・顎がでている)などがあります。
また、先天欠如などによる歯の数の異常や、虫歯や歯周病の処置で補綴物とよばれるブリッジやクラウンを入れる治療の前処置としてかみ合わせを整えることも矯正治療の対象です。

不正咬合の要因は多岐にわたり、それらの因子が複雑に重なりあって、さまざまな不正咬合の状態を呈します 。現在の口腔内の状態を拝見させていただければ、患者さんご自身にあった、適切で具体的なお話ができます。まずは、お気軽にご相談ください。