サイトタイトル

見えない矯正
Orthodontics

見えない矯正治療

リンガル・ブラケット(舌側矯正)

歯の裏側から装着する"見えない"矯正装置です。舌側矯正または裏側矯正ともいいます。矯正装置が歯の表側につかないので、装置を装着しているのがわかりません。歯並びは治したいけれど、あの矯正の装置がついているのが嫌、と審美的な問題で矯正治療を躊躇されていた方にも、解決策となる装置です。

リンガルブラケットを使用した治療には、上と下の歯の両方裏側に装置をつけて治療するフルリンガル法と、上の歯だけ裏側に装置をつけ、下の歯は従来どうり表側から透明な装置をつけて行う、ハーフリンガル法があります。

マウスピース矯正

説明: インビザライン取り外しができる"マウスピース型"の矯正装置です。当院では、"インピザライン"あるいは"ASOアライナー"とよばれる矯正装置になります。
マウスピース自体は透明なので、装着していても目立ちません。取り外しができるためいつもと変わらない食事をとることができ、歯みがきと歯のお手入れが普段通りに行えます。
また簡単に洗浄ができて衛生的です。定期的に新しいマウスピースと交換し、少しずつ歯を移動させていきますので、効率よく歯を動かすことができます。

ただし、従来のブラケットとワイヤーを用いた装置に比べると、適応症例は限られます。軽度の凸凹・捻転・空隙の閉鎖といった症例が適応です。マウスピース矯正では治療の効率化を図るため症例によってはクリアブラケット、リンガルブラケットを併用することもあります。