サイトタイトル

子供の矯正治療
Orthodontics

子供の矯正

歯列矯正は大人になってからでも可能ですが、子供の時期から矯正を行うことによって、より理想的な治療結果につながります。
その理由は、子供の矯正治療では、顎の成長をコントロールしながら治療ができるチャンスがあることにあります。大人は顎骨の成長が終わってしまっているので、顎の大きさ・位置にアンバランスがあっても、その土台なりに歯を動かすだけの矯正になってしまいますが、子供はまだ顎も成長段階にあるので、好ましくない方向への成長を抑制したり、逆に成長を誘導するような治療の効果が期待できます。

一般的に顎の骨が成長する6〜14歳位までが有効だと言われています。この時期に矯正治療を行うことで上顎と下顎の大きさのバランス、歯と顎のバランスをある程度コントロールすることができます。

子供の矯正治療のメリット

・アゴの成長をある程度コントロールできるので、良い治療結果が得られやすい。
・矯正で歯を抜く確率が低くなる。
・大人になってから矯正を行う必要がなくなる場合がある。
・大人になってから再度矯正治療が必要となる場合でも、矯正の治療期間が短くなり、良い治療結果が得られやすくなる。

子供の時期に矯正を行いたいケース

以下の場合には、小児矯正(子供の矯正)を行うことによって特に大きな治療効果が期待できます。

・アゴが左右どちらかにずれている場合
・受け口 (下アゴが上アゴより前に出ている)
・極度の上顎前突 (出っ歯)
・開咬 (噛んだときに前歯が全く噛まない)
・歯の生えてきた位置が悪く、後から生えてくる歯に悪影響を及ぼす可能性がある場合

治療開始のタイミング 

小児矯正(子供の矯正)では、お口の状態により治療目標が異なります。

1期治療(骨格矯正)・・・3,4歳~11,12歳

1期治療はあごの骨のバランスや大きさを整える骨格矯正で、いわば土台を整えるのを主目的としています。このことで、なるべく永久歯を抜かないで歯並びを整えることにもつながります。さらに、1期治療であごの骨を整え大人の歯がきちんと並ぶ土台ができるため、2期治療そのものが必要ない場合もあります。1期治療も大きく分けて4~5歳の乳歯だけの時期と6歳から11・12歳までの乳歯と永久歯が混在する混合している時期に分けられます。

2期治療(歯列矯正)・・・11,12歳~成人

2期治療は11・12歳以降で永久歯が生えそろってから行う、全体的な矯正装置を用いて歯並びと噛み合わせを整える治療です。すべての不正咬合が治療対象になります

矯正治療を開始するタイミングについて

個々の患者さんの、骨格や歯のはえ方により、ふさわしい治療開始時期は異なります。
子供の矯正治療の開始のタイミングは、よりよい治療結果を得るために重要な点です。

ふさわしいタイミングを逸しないためにも、大人の前歯が生えてきたころには一度、矯正専門の歯科医師の診察を受けることをお勧めします。